資料請求

アズハウスの特徴
POINT

一歩先の未来を見据えて。
アズハウスは全てが標準装備です。

魔法瓶な家

徹底した高気密と高断熱で健康にもお財布にも優しいゼロエネルギー住宅を実現

アズハウスの提案する「魔法瓶な家」は、徹底した高気密と高断熱で、家中の温度差がないため、ヒートショックの心配もありません。
夏は涼しく冬暖かい、省エネでお財布に優しく、いつでも快適な住空間をお届けします。

魔法瓶な家を詳しく見る

耐震

阪神大震災の1.5倍の大地震にも耐える耐震性

耐震性の高い木造軸組工法と、地震・台風に強く、燃えない、腐らない耐力面材ダイライトパネルを使い、高い耐震性を(最高等級3)を実現。
更に3階建てまで対応できる高耐震ベタ基礎、横揺れやねじれに強い剛床構造により、等級3以上の最も強い構造体+震度6を4に軽減する制震システムを採用しました。繰り返しの余震にも安心です。

耐震+制震を詳しく見る

インテリア・内装

憧れのハイスペック住宅を全てのグレードで実現

アズハウスの標準装備は、全てハイスペック。
特に、高機能・高性能なオリジナルシステムキッチンとバスのクオリティには自信があります。
また、グレードが上がるにつれて、よりお洒落で快適に、ワンランク上の上質な暮らしをご提案します。

インテリア・内装を詳しく見る

耐震と制震

アズハウスの住宅の命を守る制震・耐震の機能は、全てのグレードにおいて、住宅の品質(耐震に関する法律)で定められる「最高耐震等級3」を標準装備しています。
大地震の揺れを軽減することで住む人の命を守り、修繕費もかからず性能をずっと維持します。

※耐震等級3とは、数百年に一度発生する地震による力の1.5倍の力に対して倒壊しない程度とされています。

高耐震を実現させる3つの柱 震度6を震度4にする制震システム

工具アイコン地震・台風・火災から、家族と住まいを守る
ダイライトパネル工法+LVL構造材+ハイブリット金物

ダイライトパネル

<ダイライトパネルの特徴>

・壁で支えるから揺れにくい
・燃えない。
・腐らない。
・透湿性に優れ、耐久性がある。
・有害物質をほとんど出さない。
室内・室外
ダイライトパネル

2006年9月つくば市の(独)防災科学技術研究所において実施された振動実験により、「ダイライト」は阪神淡路大震災と同じ震度7の揺れでも倒壊しない優れた耐震性を発揮することが証明されました。

構造材の各部位の名称と役割
①LVL柱材(JWOOD)
1階から2階の軒桁まで伸びた「通し柱」は建て方の際に目安になります。
建物を支え、決して折損する事が許されない柱には、安定した性能を持つJWOOD LVLが最適な材料と言えます。
②LVL構造材(梁)(JWOOD)
床を支える梁がたわむと床鳴りや壁紙のしわの原因となります。
バラツキの少ない安定したJWOOD LVLの性能は、梁のたわみを正確に予測し、50年以上先も見越した最適な材寸を選定することができます。
③LVL土台(JWOOD)
土台が柱にめり込むと、床鳴りや壁紙のしわの原因になります。
JWOOD LVLは基準値を大きく上回るめり込み性能を持ち、柱のめり込みを軽減させます。
またボルト接合にも高い性能を発揮し、アンカーボルトを介して基礎と上部構造を強固に接合します。
④剛床構造
24mmもの厚さの構造用合板を用いた剛床工法は、歪みや横揺れに対して強く、一般の根太工法の約3倍の水平強度があります。
さらにJWOOD LVLが持つ高い釘の保持力が建物に固いフタをし、耐力壁と組み合わさって住宅を「強い箱」にします。
⑤接合部
アズハウスの接合部は、伝統的な在来工法の接合部に対して約1.5倍の耐力を発揮し、柱と梁を強固に緊結します。
⑥接合部(柱と梁)
鋼製のパイプを用いた接合部は、柱と梁をしっかり緊結し、360°の方向から地震がきても柱の浮き上がりやズレを防ぎます。
⑦接合部(通し柱と梁)
通し柱と梁の接合部は、災害の際大きな欠損を伴うことが多くありました。
しかしアズハウスの工法では専用金物を用いて接合するため、通し柱への欠損を最小限に抑え、柱のへ折損による建物の倒壊を防ぎます。
⑧接合部(柱と基礎)
1階の柱のうち大きな力が作用する場所は、基礎に埋め込まれたアンカーボルトと直接緊結します。
金物は柱の内部にコンパクトに納まりますが、地震の際には3トン以上の引張力に抵抗できます。

工具アイコン高耐震仕様ベタ基礎

ベタ基礎

アズハウスの高耐震ベタ基礎は、基礎立ち上がり幅も広く、ベタ基礎の中で最も丈夫で、耐久性、耐震性に優れ、そのまま3階建にも対応できる構造計算がされた基礎です。

ベタ基礎

基礎立ち上がり幅を150㎜とし、土間の鉄筋は、太さ13㎜をタテ・ヨコ15㎝間隔で施工しています。

工具アイコン水平剛性を高めた剛床構造

ベタ基礎

アズハウスは、災害により強い家を作るため、床全面に24㎜構造用合板を剛床構造で、水平剛性を高めました。
さらに、2階床は910mm間隔で梁を組み、通常の床構造の3倍の強さを実現し、耐震力が大幅にアップしています。
気密性・遮音効果も高く、上下階の足音などの生活音も低減。家族が快適に暮らすため、まさに縁の下の力になっています。

インテリア・内装

アズハウスは高い住宅性能を誇るサスティナブルなデザインをコンセプトにしています。
他の追随を許さない標準装備の基準の高さこそが、アズハウスの自慢です。
憧れのお洒落でスマートな暮らしを実現するハイスペック住宅を、全てのグレードで実現します。
また、エグゼクティブな方々の要望にお応えし、ゆとりのある最上級グレードのインテリア・内装の邸宅もご用意しております。
ずっと暮らす家だから、高い住宅性能のアズハウスで、豊かな日々をお楽しみください。

※サスティナブルとは、『支える。維持する。耐える。伸ばす。つなぐ。継承する』の意。
人と環境に配慮し、次世代に繋ぐ持続する住まいを目指します。

内装1 内装2 内装3
内装4 内装5 内装6
内装7 内装8

ページトップ